ナイト・ドクター

Night Doctor(ナイト・ドクター)第1話の感想まとめ

Night Doctor(ナイト・ドクター)第1話の感想まとめ

 

Night Doctor(ナイト・ドクター)第1話(2021年6月21日放送)のみなさんの感想を紹介していきます。

 

Night Doctor(ナイト・ドクター)は、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」をテーマにしており、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく“青春群像医療ドラマ”です。

 

Night Doctor(ナイト・ドクター)には、沢村一樹さん、波瑠さん、田中圭さん、岸優太さん、北村匠海さん、岡崎紗絵さん等の豪華キャストが出演されています。

Night Doctor(ナイト・ドクター)第1話のあらすじ

 

病院スタッフの働き方改革を目指す柏桜会グループが『あさひ海浜病院』に夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”を立ち上げることになった。医師の朝倉美月(波瑠)は新たな就職先にナイト・ドクターを選ぶ。

ナイト・ドクターのスタート初日、スタッフステーションには美月のほかに、深澤新(岸優太)、成瀬暁人(田中圭)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)という5人の医師が集まる。美月を見た深澤は驚く。数日前、街で倒れたホームレスの診療に手間取った深澤に代わって、鮮やかに処置したのが美月だった。しかも、美月は深澤に「処置出来ないなら医者を名乗るな」と、言い放っていたのだ。

5人の指導医は本郷亨(沢村一樹)。本郷は自分の指導について来られる者だけついてこいと厳しい。そこに、ホットラインが鳴る。工事現場の崩落事故で3名の重症者が出たのだ。全員の受け入れを許可する本郷に美月はほっとする。

運び込まれた重症患者に、救命の現場を知らない深澤と桜庭は戸惑うばかり。本郷に応じるのは救命経験のある成瀬。美月と幸保は食らいついて行く。重傷者たちの処置を始めた矢先、崩落現場で新たな重症者が発見されたと連絡が。すでに7件の病院に搬送を拒否されているという。使えない医師ばかりでは無理だと断ろうとする成瀬を本郷が制して受け入れを命令。本郷は先に運ばれた3名を早く安定させれば済む話だと無愛想に言い切る。しかし、新たに搬送された患者の足は重度の損傷を受けてクラッシュ症候群を起こしていた。本郷は美月に切断を指示するが…。

公式HPより引用

 

>>Night Doctor(ナイト・ドクター)を無料で見る

 

FODプレミアムの無料トライアルを利用すればでNight Doctor(ナイト・ドクター)を全話見ることができます。

 

FODプレミアム

Night Doctor(ナイト・ドクター)第1話の感想

 

20歳代 女性

岸優太さん演じる深澤新くんに凄くやきもきさせられました。そもそも夜間救急に希望を出していたわけでもないのに無理やり駆り出されて来た時点で絶対に何かやらかすだろうなと心配でしかなかったけれど、案の定その心配は的中してしまい、観ていて辛いとさえ思ってしまう自分がいました。まだまだ新人だから多少のことは仕方ないと目をつぶれるけれど、一応は人の命という決して軽んじることが許されないものを扱っているのだから、もう少しどうにかならないものかと呆れを感じてしまう部分も多くありました。あまつさえ、たった1人で対応することになった際にポンコツぶりを発揮して危うく実妹の命が取り返しがつかないことになりかけてしまうなんて、医師として本当に大丈夫なのか?と大変気を揉みました。しかしながら、一度は逃げようとしたものの、結局は夜間救急から逃げないという決断を下した姿は何の掛け値なしにかっこいいなと思いました。1話において1番の見どころだったと言えるし、深澤新くんのこれからに期待ができる素晴らしいシーンだったと断言できます。

 

30歳代 女性

夜間救急を舞台であり、事故によって運ばれてきた患者の状態から病院の必要性は昼夜を問わないと感じさせました。運ばれてくる患者それぞれに処置を行う中で、能力の差が顕著に表れており、波留さん演じる美月の厳しい言葉から医療現場は壮絶さを痛感させました。日々の壮絶さと自分の実力に対する自信のなさから岸優太さん演じる深澤が救急の患者を断ってしまうという展開が見られ、他の医療機関からも断られ続けていた患者の状態が悪化しているという状況に緊迫感を強く感じさせました。近くの現場で処置を行っていた美月が、その患者の元へ行き迅速な処置を行ったことで命を繋ぐこととなった展開に美月の実力の高さを感じさせました。また、美月が助けたその患者は深澤の妹だったということもあり、身をもって命の重さを伝え、命を救ったことで仲間への意識変化に繋がった展開に心震えました。誰よりも医師としての使命感を強く持っている美月が周りに与える影響に期待すると共に独りよがりな考えとなっている危険性を感じることから、その考え方によって現れるアクシデントやそのアクシデントをフォローする仲間たちの姿など、切磋琢磨しながら成長していく姿に目が離せないと感じました。

 

50歳代 男性

夜間専門の救命救急医を誕生させる、過酷な命と向き合う医療現場で、恐らく一番大変だと思う救命救急医療現場。いつ、どんな患者さんが運ばれてくるか分からない、幅広い知識と即断しなければならない医療方針と、考えただけでもプレッシャーになります。その時間の不定期な現場を、昼の部と夜間の部に分けて、しっかり休息を取れる仕組み作りは素晴らしいことだと思います。一点、完全に昼間と夜間をキッチリ分けてしまうのは、ドラマの中にもありましたが、昼間のスペアが夜間とか、昼間が一軍で夜間は二軍などの軋轢が生まれてしまう事が気になりました。警察の機捜隊や、消防隊のようにチーム制にして、患者さんを全員で見守っていくことは出来ないのでしょうか?コンビニや飲食業の現場でも、接点の少ない昼間と夜間勤務のスタッフには、気持ちの一体感が生まれなかったことが医療現場では気になりました。夜間の限られた少ないスタッフで、救急患者を常に受け入れていく、立ち往生してしまう救急車をなくす、命をつなぐ沢村一樹さんや波瑠さん、田中圭さんの行動が見どころで印象的でした。決まった時間の限られた病いの診療でも、生命を預かる責任があるプレッシャー、それを遥かに超える救命救急の医療現場、見どころが満載でした。

 

20歳代 女性

ナイトドクターの1話を見て、率直な感想としては救命救急はとても大変なんだなと感じました。本当にある組織なのかは分かりませんが、夜間勤務だけの仕事ならとても大変だと思いました。朝倉の性格がとても不思議で、どんな時でも患者さんのことを考えています。デート中に2度も事故現場を見つけ彼氏を置き去りにして走って行ってしまうので、今後2人がどうなってしまうのか見所です。しかし、どんな患者でも受け入れる、助けたいと言う気持ちは母親が救急車でたらい回しにされ亡くなった経験からだと分かり、なるほどなと思いました。また、もう1つの見所は人数合わせのために配属された深澤が、妹の病気の急変を朝倉に助けてもらったことをきっかけにもう1度頑張ってみようと思うところです。今は何もできないポンコツのような感じもしますが、これからどのように変わっていくのかすごく興味をそそられます。他にも仕事のことしか考えていない成瀬、病気を抱えながら働く桜庭、実績を積むため、夜に働く彼氏と生活時間を合わせるために来た高岡など個性たっぷりなメンバーが多いです。また、それぞれ何かを抱えている表情を見せる場面があるので、今後どのような展開になっていくのか楽しみです。

 

30歳代 女性

医療現場の生々しい感じがリアルで、「うっ」と思うシーンもありながらも、ハラハラドキドキして見ることができました。出演者しているキャストさんがすごく個性豊かで、今はチームワークも何もない感じだけど、これからどんどん変わっていくんだろうなと思うと楽しみでなりません!ナイトドクターという夜勤務の医者の実情を知って、大変な仕事だなと思いました。まだそんなに経験がない、経験が浅い医者にナイトドクターを任せるだなんて患者側としたらとんでもないことだけど、現実にそんなこともあるんだろうかと怖くなりました。今回見どころだったのは緊迫した医療のシーンと言いたいところですが、個人的には同じマンションで隣同士だと分かった3人のやりとりがツボにはまりました。気軽に引っ越し手伝ってほしいという朝倉先生に対しての両隣の二人の冷たい態度に笑いが止まらなかったです。完全無視で、さすがに笑ってしまいました。そして朝倉先生の彼の浮気シーンは「うわー」と記憶に残りましたね。今後も医療シーン以外でのメンバーのやりとりも楽しみに見たいと思います。

 

50歳代 女性

波瑠さんが救急救命の医師を演じるということでとても興味があって楽しみにしていました。思った通り技術も気配りも出来、躊躇なく患者さんに向き合う素敵な医師で波瑠さんにぴったりでした。夜間専門にドクターが集められ沢村一樹さん演じる指導医の本郷の下で患者さんの命を救おうと頑張っていました。しかし皆が皆、やる気を持ってここに集まったわけではありません。岸優太さんが演じる深澤は辛くて責任の重いこの仕事はやりたくないようです。内科に戻して欲しいと懇願していました。バラエティ番組で見るおちゃらけて天然な発言をするとても明るいキャラクターの岸優太さんではなく救急の現場で足手まといになり何も出来ずにいる彼の表情や行動はとても辛そうでした。それでも難病の妹の危機を美月に救ってもらい自分が何も出来なかったことに歯痒さを感じ救急で頑張る決意をしたのです。いつの間にか、この先の深澤の成長を見守ろうと思っていました。集まったドクターそれぞれに抱えていることがありそうです。それがひとつずつ明らかにされるのが待ち遠しいです。

 

30歳代 男性

夜に奮闘して頑張ってる「ナイトドクター」にスポットを当てるという医療ドラマでしたが、私自身、救急でお世話になったことがあったので始まるだいぶ前からとても楽しみにしていました。まず、率直な感想としては「波留さんかっこよすぎ」でしょうか。それは女医だからというのは全く関係なく、しっかりしているキャラクターを一話目にして、見事視聴者に植え付ける事に成功したと思います。例えば、プライベートで突然目の前で怪我をしている人が現れて、私服のまま手当にあたるシーンなどは「やっぱり医師はカッコいいな」と思わせるのに最高な描写だと思いましたし、自信なさげな深澤(岸優太)には忖度なくビシッと一蹴するところも好きです。しかし、その深澤を演じた岸さんの演技力が、想像を遥に超える素晴らしいものだったので感激しました。とくに妹に何もしてやれなかった自分を悔やんで、その不甲斐なさに涙するシーンには息をすることを忘れるくらい見入ってしまいました。今後も是非見続けたいと思わせる一話目でした。

 

20歳代 女性

今回は朝倉の何がなんでも、助けようとする真っ直ぐなところが印象的です。大輔と一緒にいる時も仕事のことを考えているのが、朝倉らしいなと感じました。目の前で何か起きたら、いてもたってもいられないのが医師だなと痛感しました。そんな中夜間救急には、いろんな患者が搬送されてくるのが驚きました。患者を見てすぐに判断して処置をしていくところは、救急ならではだなと感じました。そして深澤は救急に圧倒されていたのが見どころです。内科とは全然違って、常にバタバタしていてスピードを求められるのは大変なのがリアルです。深澤は自信が持てないでいて、ここにいていいのか悩んでいたのが難しいなと感じました。また深澤の妹が倒れた時に、深澤は断ってしまったのが切なかったです。救急で任されているのが怖い想いが溢れていて、それどころではないのが伝わってきます。後で妹だとわかって、とても悔やんでいたのが複雑な気持ちになりました。

 

20歳代 女性

King&Princeの岸優太さん演じる深澤先生が、花火会場にいつも飲んでいる薬を持っていくのを忘れて病状が悪化してしまっているのを知らずに救急の受け入れを断ってしまい、妹の手術の様子を見て泣いているところがぐっときました。まさか妹が運ばれてくるとは思わなかっただろうし、自分が妹のことを殺してしまいそうになったことは相当悔しかっただろうなと思います。また、そのあとに波瑠さん演じる朝倉先生と深澤先生が屋上で話をするシーンも泣けました。そこでの話をきっかけにやめようとしてたナイトドクターを続けていく決意をした深澤先生がとてもかっこよかったです。そして、深澤先生がナイトドクターに誘われているのを妹に話したときの「俺は普通に仕事をして普通に給料がもらえてればそれでいい」みたいな言葉がすごくささりました。普通に内科医として働いていれば生活できているのに、わざわざナイトドクターとしてみんなが働いていない夜に働かなくてはならないのはたしかに迷うなと思いました。

 

30歳代 女性

ナイトドクターという夜間救急での話なので、オペのシーンや治療しているシーンはあまり多くなく、最近医療ドラマで多く見られた、手術の過激なリアリティある映像はほとんどなかった。そういったところを期待している人たちには物足りないのかもしれないけれど、夜間での医療というものはそんなに頻繁に目にするものでも、お世話になることも少ないと思うので個人的には興味深かった。1話では、誰にでも起こりうる「患者のたらいまわし」が題材だった。特に昨今、新型コロナウイルスの影響でどこも受け入れが難しい状況、断らざるを得ない状況である病院が多いと聞く。その中でもしも自分が倒れたら、もしも家族が倒れた時に救急車で立ち往生する羽目になったときの恐怖や孤独、悲しみや怒りは想像を超えるものだと思う。医療現場のキャパというものがどれほど少ないのか、(事故や事件が起きた時にはさらに難しいだろう)これを見て医療従事者を志そうと思ってくれる若者が増えることを願う。何といっても最初の方のシーンで、波留が浮浪者に対してまでも自分の衣服を使って返り血を浴びながら見事な手当をする場面は圧巻だった。そして、話題になっていたが、「同僚なんだからため口でいこうよ」という北村匠海のセリフ。まさに日本では技術や経験においての上下関係がないほど、年上には敬語を!というものが消えない。同じチームで戦うメンバーなのに方や敬語で方やため口。意見の言い合いが本音を通してできるのか?という疑問がいつまでも消えない。

 

 

>>Night Doctor(ナイト・ドクター)を無料で見る

 

FODプレミアムの無料トライアルを利用すればでNight Doctor(ナイト・ドクター)を全話見ることができます。

 

FODプレミアム

 

20歳代 女性

命を守ることで成長する姿がとても楽しみだなと思いました。性格もキャリアも志も違う人たちが集まってチームを作る。簡単そうで難しいなと感じました。人を助けたいという強い思いの中にある過去の記憶に切なくなりました。人と人との向き合い方や、もっとこうなら、もっとこうしていたらと後悔ばかりの毎日なんだろうなと思い、お医者さんってすごいと改めて思いました。いつどこでも人の命に関わる瞬間を見たらほっておけなくて、すぐ駆けつけてしまうシーンはかっこいいなと思ったけれど同時に恋人の切ない表情に胸が苦しくなりました。自分には責任が重いと感じていたり、なにもできない自分に苦しんだり。それはどんな仕事をしていても同じで。だからこそ共感できる気持ちでした。その人それぞれ患者さん一人一人に人生があって、やっと幸せになれるとかこれからって時に命の危険に晒されてしまったり。心にじーんっとくるものがとてもありました。言葉一つ一つが素晴らしいドラマだなと思います。

 

40歳代 男性

ナイトドクターチームに選抜された深澤だか、実際は夜間救急には不適切なな人材。もともと内科医のためオペなどした事がなく、オロオロしていてオペの助手も務まらない状態。一度はナイトドクターチームを離れる決意をしたが、自分の妹がナイトドクターの朝倉に助けられて、自分も何か出来ないか悩み始め、もう一度ナイトドクターチームで頑張ろうとおもい、自らナイトドクターチームに残る道を選ぶ。朝倉は自分の母親の影響でナイトドクターチームに自ら志願。どんな時も医師である気持ちがあり、彼氏とのデート中も事故が発生しデート中にも関わらず、救急活動をしてしまう。彼氏はその時プロポーズしようとしていたが、その機会を失いたまたまだ通りかかった昔の彼女と浮気をしてしまう。そんな事をしらず診察を終えた朝倉は彼氏のマンションに行き浮気現場を目撃してしまう。そのまま二人は別れる様になってしまう。前途多難なナイトドクターチームだか、本郷を中心にまとまりつつある。

 

30歳代 男性

いきなり波瑠さん演じる主人公の美月が、恋人の男性と揉めまくっているのが何だかリアルに感じられてしまいました。今も昔も医療関係者はずっと忙しくて大変そうですから、こういう身内に色々と心配されての揉め事とかトラブルもたくさんあるんでしょうね。そして職場でも当然トラブル続き! 基本、なにかあった人達が頼りにやってくるのが病院という場所なわけなので、美月たちの仕事も初回からやっぱり大変そうでした。あの深沢という若手ドクターが「もう受けられません!」と勝手にギブアップしてしまったのも理解できるし同情します。しかし一方でリーダーの本郷さんは鋼のメンタルで全患者を受け入れて、冷静に次々と処置していくので凄かったですね。田中圭さん演じる成瀬もそちら寄りの人物だったと思います。最終的に深沢などの若手も含めた全員が、あの境地に達してスペシャリスト集団になっていくと思うと頼もしいので、そんなドクターたちの成長物語に期待です。

 

50歳代 女性

夜に特化した救急医という設定が斬新だなと思います。1話では主役の波留さん演じる朝倉医師が彼氏とのデートよりも救急現場に駆け出していくシーンが何度か出てきて、そのたびに思いがすれ違っていき、相手の志の高さは分かってはいてもそれを受け止められる人間ばかりではないことを感じさせる場面がいくつかあり、結果早くも別れを予感させる場面で終わります。他にもまだまだこれから問題がありそうな救急チームのメンツが揃っていてぞれの事情が描かれて結束していくんだろうなという予兆が散りばめられていた感じです。その中で岸くんが演じる内科医師が望まない夜勤の救急医への抜擢に、内科へ戻してほしいと指導医に願い出ます。その夜起きた花火の暴発事故現場への出動要請には帯同せず医局に残っていた時、救急の受け入れ要請を断ってしまいます。相手は出かけた先で発作を起こした持病を持つ妹で、現場に居合わせた朝倉医師の判断で搬送され助けられてやっと自分がいる夜間の救急医療の大事さに気づきもう一度頑張ろうと決意するところが見所だったと思います。

 

50歳代 女性

まず、夜勤専門の救命医「ナイト・ドクター」という言葉が新鮮で面白そうだと感じました。コロナ禍の今、医者の仕事に脚光が集まっていますし、働き方改革というワードもとてもタイムリーだなと思います。主人公:朝倉美月(波瑠)少し変だけどまっすぐな熱い人で、応援したくなります。他のチームのメンバーも、一癖もふた癖も持っていそうで、どのような関係が生まれるのか楽しみです。深澤新演じる、岸優太さんの出演するものは今まで見たことがないので、どのような演技をするのか注目したいと思いました。他の3名、成瀬暁人(田中圭)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)は、ドラマでよく活躍している方々ですが、今回の役どころはどのようなものなのか気になります。5人の指導医である本郷亨(沢村一樹)、面白い役柄が多い沢村さんですが、今回はとても厳しい人物のようで、クールな姿を見られるかと思います。やはり、見どころは、医療シーンだと思います。美月が、匂いのするようなホームレス患者でも、迷うことなく「助けよう」の一心で治療にあたる姿などはかっこいいと思いました。夜間の救命センターのシーンは、緊迫感があり生きるか死ぬかの重い空気は見ているだけでヒリヒリします。こんな風に世の中の医者は働いてくれているのかなとドラマを見ながら、今の日本の現状も考えたりしてしまいます。救急車でたらい回しにされるという状況も、ニュースなどで耳にしますが、ドラマでもそういう場面が出てきて・・・「受け入れます」と電話で答えてくれるとそこにいないのにホッとします。ドラマだけでなく、日本の医療界全体がそうであって欲しいなと感じました。

 

30歳代 男性

正直、あまり良い作品とは思えませんでした。35歳で経験もある田中圭に北村とかいう若者が「成瀬」と言っている。タメ口で行こうというのは、単に北村が提案しただけで、誰も賛成していないので、ただ単に失礼な若者だなという印象。そしてそれを叱らない田中圭や沢村が馬鹿に見える。救命チームとしての一体感みたいのが今後出てくるのだろうか少し不安に感じた。タメ口が「仲間の証」という風には自分は思わない。親しい仲という考えではあるが「仲間の証」といわれるとやはり、うーんとなってしまう。自分はには合わないドラマなんだなと思い今後は視聴しないと決めました。
後はムダに出演者が多いのもどうなんだろうと感じました。とりあえずたくさんの芸能人を出演させて誰かファンの芸能人がいて、それを目当てに見るだろうという魂胆なきがしてならないです。脚本があまり面白くなく、演技も微妙、何を伝えたいのかよく解らず、緊張感もありませんでした。

 

20歳代 女性

コードブルーの医療監修していた方が携わっているということだけあって、医療シーンは見応えがあるように感じました。ナイトドクターの会話がタメ口なのがすごく気になってしまいました。岡崎紗絵さん、岸優太さん、北村匠海さんは設定的にも歳の差がないように思いますが、波瑠さんと田中圭さんは三人と比べて医療スキルや経験が格段にあるように思いました。ナイトドクターの一期生というくくりなのかもしれませんがどうしても違和感を覚えてしまいます。どういう理由があってタメ口なのか分かりませんが、少なくとも初対面を描いていた1話では敬語で良かったのではないかなと思ってしまいました。波瑠さんの彼氏の浮気発覚や岸優太さんの妹さんの病気の悪化など、プライベートな面も結構詳しく描かれていたのが印象的でした。ナイトドクターという職業柄、恋愛との両立の難しさを感じました。これから他の三人のプライベートな面が描かれていくのが楽しみです。

 

30歳代 男性

第1話では、波瑠さん演じる美月がナイトドクターとして誇りを持って頑張っている姿が印象に残りました。彼氏よりも自分の仕事を優先しているシーンを観て、びっくりしました。ナイトドクターをしていると、普通の恋人関係でお付き合いをしていくのは難しいのではないかと思いました。大輔と別れてしまうのではないかと気にしながらドラマを観ていました。本郷先生は、キャパオーバーでもどんどん患者さんを受け入れてしまい、働く環境の厳しさが伝わってきました。若き医師5人が全力で医療現場で活躍する姿に期待して観ることができました。深澤がナイトドクターとして、何もできない状況にあり活躍が難しいと感じてしまいました。そんな深澤が美月とお話をしていく中で、再度、ナイトドクターで頑張っていこうと思えたシーンに感動しました。一度は、ナイトドクターを辞めると本郷先生に伝えていたのを取りやめることができたので安心しました。夜の医療現場で患者さんを診るのは大変なことだと考えられますが、負けずに全力で頑張ってほしいです。

 

40歳代 女性

ナイトドクターの過酷さがひしひしと伝わってくる初回だと思いました。ナイトドクターという仕事に、とても高い志を持ってやってきた美月と、院長からの推薦で嫌々やってきた深澤のギャップがよかったです。そんな2人が次から次に運ばれてくる患者に翻弄されるところが見どころだったとても思います。なぜ美月がこんなに過酷なナイトドクターの仕事をやっているのか知った深澤が、逃げ出す寸前で自分の出来ることをナイトドクターとしてやってみようと奮い立つ姿がカッコよかったです。そんな2人だけじゃなくて、どこか影のある成瀬に、ムードメーカーっぽいのに時々苦しそうに薬を飲む桜庭や、飄々としている高岡のそれぞれの個性が溢れていてよかったです。そんな5人の上に立つ指導医の本郷の存在がドラマ全体をキリッとさせてくれているように感じました。年齢も思いも経験も性格も全く違う5人があさひ海浜病院のナイトドクターとして、どんなふうに成長していくのかが、とても楽しみになりました。

 

Night Doctor(ナイト・ドクター)の感想まとめ Night Doctor(ナイト・ドクター)のみなさんの感想を紹介していきます。 Night Doctor(ナイト...

 

>>Night Doctor(ナイト・ドクター)を無料で見る

 

FODプレミアムの無料トライアルを利用すればでNight Doctor(ナイト・ドクター)を全話見ることができます。

 

 

FODプレミアム